【女戦闘員】ヒーローにやられるザコ!悪の組織に捨て駒とされる運命

【女戦闘員】ヒーローにやられるザコ!悪の組織に捨て駒とされる運命 空想

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

女戦闘員とは、悪の組織に所属する女性の戦闘員である。多くは下級の捨て駒で、幹部や怪人などのサポートを行ったり、集団でヒーローに襲いかかって戦ったりする役割を担う。特撮ドラマやアニメなどに登場する。

有名な女戦闘員

最も有名なのは、『仮面ライダー』に登場する悪の組織ショッカーの女戦闘員である。「旧1号編」と呼ばれる最初期、第1話と第3話に登場。

第1話「怪奇蜘蛛男」では、主人公の本郷猛にオートバイで挑戦し、蜘蛛男のいるところへとおびき出す役割を果たした女性ライダーが女戦闘員である。いずれも普通の人間と変わらない姿をしている。一方、後半にチラッと登場する女戦闘員は顔に赤のペイント、黒いスーツに赤いスカーフ、黒網タイツという姿で、これがフェチ界隈の女戦闘員の源流となる。第3話「怪人さそり男」でも女戦闘員が再登場。顔のペイントが蜘蛛男の回とは異なり、赤と青が使われている。コスチュームは黒いスーツに赤いスカーフ、黒網タイツ。いずれも仮面ライダーと戦ったり倒されたりはしていない。

「旧1号編」では、男戦闘員も含め、戦闘員は顔にペイントを施しただけの人間だった。そのため、幼少期に蜘蛛男やさそり男の女戦闘員を見た子供たちの中に、女戦闘員に対するフェチが芽生えた可能性が高い。現在もTwitterなどで「女戦闘員」を検索すると、ショッカー女戦闘員を元ネタにしたイラストや写真が多数ヒットする。

後の『仮面ライダーアマゾン』の前半にも、女戦闘員の一種である「赤ジューシャ」が登場。赤ジューシャは悪の組織「ゲドン」の兵士で、赤と白の衣装に仮面をつけた姿をしている。ショッカー戦闘員とは異なり、獣人(ショッカーの怪人に当たる)よりも立場が上。諜報活動や破壊工作などを行うが、仮面ライダーアマゾンと直接戦うことが少なかった。アマゾンは大切断によって獣人をぶった切る血みどろの戦いを行うが、赤ジューシャを獣人のように葬ることはなかった。そもそも赤ジューシャは誰一人として死亡していない。こうした理由から、赤ジューシャはショッカー戦闘員とやや趣が異なる。

他の特撮ドラマやアニメなどにもしばしば女戦闘員が登場する。しかし、ショッカー戦闘員ほどの知名度はない。

女戦闘員のフェチ要素

女戦闘員は一種のフェチジャンルである。Twitterなどに見られるフェチ要素を紹介する。

  • 一般人が悪の組織に拉致され、改造されて女戦闘員にされる。顔がショッカー戦闘員のような姿になることが多い。
  • 女戦闘員がヒーローによって虐殺される。キックやパンチを食らう、ナイフを突き刺される、敵の攻撃を防ぐための盾にされる、など。
  • 女戦闘員が幹部や怪人の実験台にされる。特に、溶解液を含んだ毒針などで刺され、ドロドロに溶けていく過程が描かれやすい。
  • 女戦闘員が幹部や怪人と恋愛関係になる。
  • 仮面ライダー以外の戦隊ものなどの戦闘員が女戦闘員として描かれる。

女戦闘員をテーマとした作品

特撮ヒロインを専門とする映像制作会社「ZENピクチャーズ」の『女戦闘員物語』シリーズでは、悪の組織に拉致されて改造された女戦闘員たちの苦悩と悲哀、そして戦いが描かれる。

特撮ヒロインをテーマとする作品を制作するAVメーカー「GIGA(ギガ)」の『女戦闘員』シリーズも有名である。悪の組織に所属する女戦闘員たちがヒーローと戦うだけでなく、性的な場面も……。

当サイト内のサンプル動画の多くは、有限会社APEXが運営するアダルト動画配信サイト「DUGA」から提供されたものです。

有限会社APEXは健全で優良な日本企業で、20年にわたって、有名な企画物からマニアックなフェチ作品まで幅広く配信してきました。詐欺や個人情報漏洩などの危険がなく、法的に不安のある無修正動画も販売していません。

安心安全なDUGAですが、サンプル動画を見放題(無制限)にするには無料会員登録が必要です。無料会員登録に必要なのはメールアドレスだけで、退会も簡単です。架空請求などの心配もありません。

この機会に以下のページから無料会員登録することをおすすめします。

空想
服裂フェチ男をフォローする
ゴアペディア
タイトルとURLをコピーしました